16. 8月 2011

グレーゾーン金利ってこういうもの

可愛らしいキャラクターを使ったテレビCMでも、おなじみになっているキャッシングサービス会社。

お世話になった方もいると思うのですが、グレーゾーン金利についてご存知でしょうか?

グレーゾーン金利とは過払い金のことで、業者側が利息制限法で決められた上限を超えて取り続ける利息のことを言います。

借りた手前、払い過ぎてるかどうかなんて自分では聞けない…と思うかもしれませんが、これは誰もが返してもらえるものなんです。

法律で定められていますし、任意で支払っていたということでなければ、払う必要のないものです。

加えて総量規制についても書いておきます。

総量規制とは、借り入れ総額を個人の年収の3分の1までに制限する制度で、もっと噛み砕いて言えば借り過ぎ・貸し過ぎにさせないようにすることです。

利用者が年収3分の1を超える額を借りようと思っても業者は貸してくれないことになりますが、これは業者への規制ですので、もしこの上限を超える額をすでに借りていたとしても罰せられることはありません。

さらに長く昔から借金してきたなら、この上限を超えた過払い分を請求出来る可能性があります。

ただ向こうも商売をしていますし、返してと言ったところですぐには返してくれませんので、弁護士や司法書士の方に相談して返還請求を申請する必要があります。

もちろん自分だけでも出来ますので、相談費用が気になる、あんまり人に知られたくないという方はこちらになるかもしれませんが、日々の生活をしながら対応することになりますので、どちらかと言うと専門の弁護士・司法書士の方に代行してもらった方が精神的には余裕を持てると思います。

もしかして…と感じたら、思い切って相談してみましょう。

思いも寄らない額を余分に払っていた可能性が出てくるかもしれませんよ。